2019年5月18日土曜日

職場で連休の話をしてみよう

こんにちは。
代表の生熊です。

10連休が終わって、日常が戻ってきました。
そうでなくとも、一度足を止めると次の一歩が中々踏み出せないという人が多い職場ですから、
5月病という軽い言葉よりも深刻な事態を抱えていないかとても心配事です。
出来れば、休みは休みとして楽しんで、
休み明けの職場では、あんなことがあったこんなことがあったと雑談に花を咲かせて欲しいものです。

雑談や私語は苦手だとかうるさいと感じる人もいるようですが、
雑談や私語のある職場は人から人への伝達がスムーズです。
また、情報を共有して持つという事も容易であるように思います。
誰だって一度も話した事のない人に話しかけるのは緊張しますよね
聞きたいけど聞けないから勝手にやっちゃうとか、
情報を持っていないから何度も同じ確認が取引先に行くとか、、
仕事で伝達が誰かのところでストップしたり、情報が共有出来ないのはトラブルやミスの元になります。
トラブルやミスは会社の信頼を損ねるわけですから、どんな職場も避けたいでしょう。
雑談や私語を四六時中されるのは勘弁願いたいですが、
特に難しい事でもないので、活かしてよりよくなれば儲けもの!だと思います。

とはいえ、雑談は苦手、自分の話しをするのはちょっと、、と思う人は、
話し好きな人の聞き役に徹すると喜ばれます。
話し好きな人は話したい!塊ですから、話すことで満足してくれます。
雑談ですから深刻に受け止める必要もありません。
相槌や、一緒に笑うだけでも場に参加していると認識されます。

大切なのは雑談の中身ではなく、人との繋がりや、今後の仕事のスムーズさです。

離職の理由で一番多いのは報酬や環境ではなく、人間関係に係る困りごとなのだそうです。
人間関係のトラブルを避ける方法は沢山ありますが、
意思疎通がうまく行かないのは確実にトラブルに繋がります。

話しやすい職場を作るには、まずは挨拶、
それから仕事の会話、その次に雑談とそれだけで話しやすい雰囲気が出来てきます。

雑談なんて、と思わずに是非上手に活用してください。

そんな私はGWに娘と一緒「不思議の国のアリス展」に行ってましたよ。
すごい人でしたが、お天気にも恵まれて美術館前の海がキラキラしていました。

もう日射しは夏!ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿